銘柄一覧 (8000~8499)

銘柄コード 8000~8499の銘柄一覧

該当銘柄- 全 297 件

(8000)カイゲン

大証2部 卸売業

(8001)伊藤忠商事

東証1部 卸売業

総合商社大手。非財閥系の雄。繊維や中国ビジネス強い。傘下にファミリーマート等の有力企業

(8002)丸紅

東証1部 卸売業

芙蓉グループの総合商社大手。穀物、発電で首位。プラントや紙パルプも強い。配当性向25%

(8005)スクロール

東証1部 小売業

旧ムトウ。カタログ通販準大手でネット販売も積極展開。女性向け衣料中心。生協向けが約6割

(8006)ユアサ・フナショク

東証2部 卸売業

千葉中心に関東地盤の食品卸。地域スーパーが主販売先。ビジネスホテル「パールホテル」も運営

(8007)高島

東証1部 卸売業

重布から出発。建材、物流資材、電子部品等へ多角化。太陽光発電機器の先発組で主力事業に

(8008)4℃ホールディングス

東証1部 小売業

宝飾「4℃」のエフ・ディ・シィ・プロダクツが中核。革小物、カジュアル・実用衣料なども積極展開

(8011)三陽商会

東証1部 繊維製品

アパレル大手。バーバリーは15年6月契約終了。マッキントッシュロンドンが後継ブランドに

(8012)長瀬産業

東証1部 卸売業

染料・合成樹脂等の化学品専門商社首位。医薬中間体等も展開。倒産したバイオの林原を買収

(8013)ナイガイ

東証1部 繊維製品

靴下の老舗。ストッキング、靴下関連中核に再成長図る。百貨店、量販店に加え、EC等販路開拓

(8014)蝶理

東証1部 卸売業

繊維商社の老舗、東レ子会社。化学品事業を加え事業拡大。中国では化学品や機械など事業展開

(8015)豊田通商

東証1部 卸売業

トヨタ系の総合商社、06年トーメン合併。自動車関連事業で営業利益の7割稼ぐ。アフリカ強い

(8016)オンワードホールディングス

東証1部 繊維製品

アパレルメーカー大手。「23区」「組曲」等、中価格帯ブランド軸に百貨店向け中心に展開

(8018)三共生興

東証1部 卸売業

繊維商社の老舗。高級カジュアル衣料も。「DAKS」など欧米高級ブランドライセンスを保有

(8020)兼松

東証1部 卸売業

老舗商社。電子・IT、食料、鉄鋼・プラント事業の3本柱。資源権益への投資はせず、堅実経営

(8022)ミズノ

東証1部 その他製品

スポーツ用品専業大手。オーナー系。シューズ成長。競泳、ゴルフ、野球も強い。海外事業拡大中

(8023)大興電子通信

東証2部 卸売業

富士通特約店で売上3位。通信機器、情報システムが双柱。中堅企業向けクラウドビジネス注力

(8024)シルバーオックス

東証 繊維製品

(8025)ツカモトコーポレーション

東証1部 卸売業

和洋装の総合繊維商社。08年4月和装の市田を子会社化。都内に高収益不動産保有、健康器具も

(8027)ルシアン

大証1部 繊維製品

(8028)ユニー・ファミリーマートホールディングス

東証1部 小売業

伊藤忠系のコンビニ大手。アジアはじめ海外も積極展開。16年9月、ユニーグループHDと統合

(8029)ルック

東証1部 繊維製品

婦人アパレル中堅。百貨店向け主力だが直営店ブランド強化中。韓国も成長。旧レナウンルック

(8030)中央魚類

東証2部 卸売業

水産荷受け大手。市場内取引多く、築地の取扱金額トップクラス。日本水産などが大手荷主

(8031)三井物産

東証1部 卸売業

三井グループ中核の総合商社。鉄鉱石、原油の生産権益量は商社断トツ。インフラ等にも強み

(8032)日本紙パルプ商事

東証1部 卸売業

紙流通首位。製紙2強の製品取扱高多く強みに。米国軸に海外が拡大。貸しビルや古紙回収兼営

(8035)東京エレクトロン

東証1部 電気機器

半導体製造装置で世界4位。前工程用に強み。世界首位の米国アプライド社との統合は破談

(8036)日立ハイテクノロジーズ

東証1部 卸売業

商社から出発、日立の計測器・半導体装置部門統合。医用分析装置など半導体分野以外を育成中

(8037)カメイ

東証1部 卸売業

東北最大の石油・LPガス卸。傘下にトヨタ販社。M&A駆使した多角化で総合商社を志向

(8038)東都水産

東証1部 卸売業

水産荷受け大手。冷蔵倉庫、不動産賃貸事業も併営。独立系。カナダで加工品製造も行う

(8039)築地魚市場

東証2部 卸売業

水産荷受け大手。独立系。加工品販売や不動産賃貸業も展開。非連結で上海にも子会社あり

(8040)東京ソワール

東証2部 繊維製品

婦人フォーマルウエア専業トップ。百貨店、スーパー向け9割。ブランド品、アクセサリー強化

(8041)OUGホールディングス

東証1部 卸売業

大阪市中央卸売市場の水産物卸売り。国内最大規模。市場外取引を拡大中。養殖も手掛ける

(8042)日本マタイ

東証1部 化学

(8043)スターゼン

東証1部 卸売業

食肉卸首位で全国に販売網。外食向け加工肉も扱う。子会社にハム・ソーセージのローマイヤ

(8044)大都魚類

東証2部 卸売業

水産荷受け大手。マルハニチロ傘下。足立、大田区など首都圏に複数拠点。海外生産者とも連携

(8045)横浜丸魚

JASDAQスタンダード 卸売業

神奈川の水産荷受け。横浜のほか、川崎に拠点。市場外取引も積極的。マルハニチロなど荷主

(8046)丸藤シートパイル

東証2部 卸売業

建設仮設材の販売、賃貸で2位グループ。三井物産系。東日本が地盤。工事、鉄骨加工を拡充

(8050)セイコーホールディングス

東証1部 精密機器

腕時計で国内首位級。ムーブメント世界的。電子部品、クロックも展開。創業の服部家が大株主

(8051)山善

東証1部 卸売業

機械・工具、住宅設備・家庭用機器の専門商社で大手。展示即売会を全国展開。海外事業を強化中

(8052)椿本興業

東証1部 卸売業

機械の中堅商社。モーター、チェーンなど動伝商品が柱。液晶関連の搬送装置などFA関連拡充

(8053)住友商事

東証1部 卸売業

住友系の総合商社。鋼管・鋼材強い。CATVなどメディアも強み。資源は銀・亜鉛など非鉄が軸

(8056)日本ユニシス

東証1部 情報・通信

SI大手。12年から大日本印刷の資本下に。金融中心に空運、流通など幅広い業種と取引

(8057)内田洋行

東証1部 卸売業

オフィス家具大手。学校備品・システムに強い。ERP(業務統合ソフト)やライセンス販売も

(8058)三菱商事

東証1部 卸売業

総合商社大手。三菱グループ中核。原料炭等の資源筆頭に機械、食品、化学品等の事業基盤厚い

(8059)第一実業

東証1部 卸売業

機械商社。石油掘削・精製装置から成形機、実装機まで広範囲。機械メンテ等有力子会社擁す

(8060)キヤノンマーケティングジャパン

東証1部 卸売業

複合機、カメラ、インクジェットプリンタ等、キヤノン製品の国内販売が主。IT事業も育成

(8061)西華産業

東証1部 卸売業

三菱系機械商社。三菱重工と親密で発電プラント関連が主力商材。子会社で産業用バルブ事業

(8065)佐藤商事

東証1部 卸売業

金属専門商社。トラック、建機向け多い。非鉄・電子材料に展開。金属洋食器等の直営店舗も

(8066)三谷商事

東証2部 卸売業

生コン販売量首位。石油やIT関連も全国的。風力発電に傾倒、福井で自動車販売やCATV

(8067)トミヤアパレル

大証 繊維製品

(8068)菱洋エレクトロ

東証1部 卸売業

エレクトロニクス商社。三菱電機製やインテル等外国製などを扱う。情報通信関連の機器も展開

(8070)東京産業

東証1部 卸売業

東日本の電力会社向け三菱重工製品が主力の機械商社。化学、工作機械でマージン拡大目指す

(8071)東海エレクトロニクス

名証2部 卸売業

電子材料、機器の専門商社。取扱商品は三菱電機系多い。自動車向け増加。海外展開を積極化

(8072)日本出版貿易

JASDAQスタンダード 卸売業

書籍、雑誌の輸出入主体。輸入音楽CDも展開、海外に書籍・雑貨直営店。トーハンが筆頭株主

(8074)ユアサ商事

東証1部 卸売業

1666年創業の老舗商社。工作機械は取扱高最大手。産業機器や空調、建材など展開領域広い

(8075)神鋼商事

東証1部 卸売業

神戸製鋼系の専門商社。グループ内の製品や鉄鋼原料の取り扱いが大半。情報分野を重点育成

(8076)カノークス

名証2部 卸売業

トヨタ自動車向けが主力の鉄鋼商社。自動車向け5割以上。建材など非自動車向け育成中

(8077)小林産業

東証1部 卸売業

建設用ボルト、ナットの首位商社。機械向けなどを充実。工具卸もグループに加え、業容拡大

(8078)阪和興業

東証1部 卸売業

独立系の鉄鋼商社。鋼材市場で存在感大。非鉄や水産物輸入など総合化推進。中国にも強い

(8079)正栄食品工業

東証2部 卸売業

製パン・製菓用材料等の食品商社。世界各地から原材料、製品輸入。国内、米国、中国に加工工場

(8080)ジョイス

JASDAQ 小売業

(8081)カナデン

東証1部 卸売業

1907年電力会社から分離。三菱電機系商社。FA、ビル設備、インフラ、デバイスを手掛ける

(8084)菱電商事

東証1部 卸売業

三菱電機系商社で最大。FA、ビル昇降機・空調から半導体まで幅広い。三菱電機へ装置納入も

(8085)ナラサキ産業

東証2部 卸売業

北海道が地盤。三菱電機代理店業務が柱。農業設備、燃料、建設資材、港湾作業、建機に多角化

(8086)ニプロ

東証1部 精密機器

ディスポーザブル医療器具大手。人工腎臓強い。後発医薬品や受託医薬品育成。再生医療研究

(8087)フルサト工業

東証1部 卸売業

鉄骨建築用副資材の大手。自社製品に強み。傘下の機械商社が成長、自動車生産向け工具へ展開

(8088)岩谷産業

東証1部 卸売業

産業・家庭用ガス専門商社。LPガス首位。合成樹脂、鉱物原料等も。水素事業を次の柱に育成

(8089)すてきナイスグループ

東証1部 卸売業

資材と戸建て・マンションの2本柱。木材市場業界では最大手。資材販売先への受注支援が強み

(8090)昭光通商

東証1部 卸売業

昭和電工グループの中核商社。化学品、合成樹脂、金属、電子材料、半導体製造機器など展開

(8091)ニチモウ

東証1部 卸売業

水産品と漁網・漁具などの海洋事業が2本柱、食品加工機械や資材も扱う。バイオ事業育成中

(8092)富士通ビジネスシステム

東証1部 情報・通信

(8093)極東貿易

東証1部 卸売業

産業向け機械、設備、高機能材料の専門商社。海外販路に強み。周辺事業のM&Aに積極的

(8094)中道機械

札幌 卸売業

(8095)イワキ

東証1部 卸売業

医薬品・医薬原料商社。化学品も展開。傘下にジェネリック(後発)薬、表面処理薬品製造子会社

(8096)兼松エレクトロニクス

東証1部 情報・通信

兼松傘下のITベンダー。仮想化ビジネスを中心にITインフラの構築、保守、運用を手掛ける

(8097)三愛石油

東証1部 卸売業

石油・LPガス卸大手。傘下にキグナス石油。羽田空港で給油施設運営等も。リコー三愛グループ

(8098)稲畑産業

東証1部 卸売業

化学専門商社。住友化学系だが稲畑オーナー色も。情報電子、合成樹脂が柱。アジア広域展開

(8101)GSIクレオス

東証1部 卸売業

繊維を中心とする専門商社。原糸と生地、婦人服SPAが柱。工業製品を育成中。旧グンゼ産業

(8103)明和産業

東証1部 卸売業

化学品、樹脂主体の中堅商社。炭素製品、難燃助剤等で高シェア。中国での潤滑油販売にも強み

(8104)クワザワ

札幌 卸売業

北海道地盤の建材・土木資材商社。建設工事も行う。近年はリフォーム、住宅設備機器に進出

(8105)堀田丸正

東証2部 卸売業

ヤマノグループ。呉服問屋起源の中堅繊維商社丸正が07年同業堀田産業と合併、洋装など4事業

(8107)キムラタン

東証1部 繊維製品

ベビー服・子供服の老舗製造卸大手。全国SC・百貨店でインショップ展開、中国にも卸で進出

(8108)ヤマエ久野

福岡 卸売業

九州主体に西日本が地盤の食品卸売り大手。量販店の物流受託事業、住宅・建材などに多角化

(8109)山洋工業

JASDAQ 卸売業

(8110)JFE商事

東証1部 卸売業

(8111)ゴールドウイン

東証1部 繊維製品

スポーツウエア中堅。アウトドア「ザ・ノース・フェイス(TNF)」などマルチブランドに強み

(8112)東京スタイル

東証1部 繊維製品

(8113)ユニ・チャーム

東証1部 化学

生理用品、幼児・大人用紙おむつでトップ。ペットケア用品も首位級。中国軸のアジア展開に強み

(8114)デサント

東証1部 繊維製品

スポーツウエア大手。自社「デサント」柱。「ルコック」等も展開。英靴ブランド買収。韓国が収益柱

(8115)ムーンバット

東証2部 卸売業

洋傘トップ。洋品、毛皮、宝飾品などで百貨店シェア高い。アパレル、アクセサリーから撤退

(8117)中央自動車工業

東証2部 卸売業

コーティング剤など自社企画の自動車用品を販売。自動車補修部品の輸出事業も。好財務

(8118)キング

東証1部 繊維製品

レディスの中堅アパレル。ミセス向けなどが主力。専門店での販売が中心。FC店が約8割

(8119)三栄コーポレーション

JASDAQスタンダード 卸売業

家具、調理用品、小型家電等の専門商社。良品計画などにOEM商材供給。ブランド代理店等も

(8120)大木

JASDAQスタンダード 卸売業

(8123)川辺

JASDAQスタンダード 卸売業

ハンカチ、スカーフ、服飾雑貨等の専門商社。百貨店向け有名ブランド中心。香水の輸入に参入

(8125)ワキタ

東証1部 卸売業

大阪本拠の機械商社。土木建設機械の販売・レンタル主力。小型機の製造も。不動産事業も併営

(8127)ヤマト インターナショナル

東証1部 繊維製品

カジュアル中心の中堅アパレル。「クロコダイル」が主力。17年2月末で「エーグル」の契約終了

(8128)エフワン

大証 繊維製品

(8129)東邦ホールディングス

東証1部 卸売業

医薬品卸を中核事業とする持株会社。医薬品卸4強の一角。地場卸買収で全国展開。調剤薬局も

(8130)サンゲツ

東証1部 卸売業

源流は江戸時代、インテリア商社最大手。壁紙は首位、カーテン、塩ビ・繊維系床材でも上位

(8131)ミツウロコグループホールディングス

東証1部 卸売業

LPガス主力、灯油等も扱う燃料商社。関東が主地盤。不動産賃貸や施設運営、電力販売本格化

(8132)シナネンホールディングス

東証1部 卸売業

LPガス、灯油主体の燃料商社。ガスは特約店への卸売りと小売りを兼業。自転車販売も展開

(8133)伊藤忠エネクス

東証1部 卸売業

伊藤忠系の燃料商社首位。主に系列給油所へ販売。産業用燃料やLPガス、発電・熱供給事業も

(8134)TOKAI

東証1部 卸売業

(8135)ゼット

東証2部 卸売業

スポーツ用品卸大手。自社製品の野球用品で定評。バスケ用品「コンバース」拡大。物流受託も

(8136)サンリオ

東証1部 卸売業

「ハローキティ」などキャラクター商品の企画・販売。海外ライセンスで利益の大半を稼ぐ

(8137)サンワテクノス

東証1部 卸売業

電子、電機、機械扱う独立系技術商社。電機・機械組み合わせによるエンジニアリング事業強化

(8138)三京化成

東証2部 卸売業

樹脂、工業薬品等の化学品商社。西日本が主力地盤。取扱商材は多岐、技術志向型営業を標榜

(8139)ナガホリ

東証2部 卸売業

宝飾品の製造卸大手。ダイヤモンドが主力、百貨店に強み。自社ブランド開発、小売り展開も

(8140)リョーサン

東証1部 卸売業

独立系半導体商社の大手、旧NEC系ルネサス製が主力。技術者に厚み。海外製の拡販に注力

(8141)新光商事

東証1部 卸売業

半導体商社。車載、産業向けルネサスエレ製品が主体。札幌に設計・開発拠点。遊技機部材も強い

(8142)トーホー

東証1部 卸売業

業務用食品卸の最大手、業務用食材店「A−プライス」や食品スーパーも展開。西日本が地盤

(8143)ラピーヌ

東証2部 繊維製品

中堅アパレル。高級婦人服が中心。百貨店・専門店ルートが主体。セレクトショップも展開

(8144)電響社

東証2部 卸売業

家電商社で季節商品に強み。子会社の梶原産業で日用雑貨卸、大和無線電器で電子部品卸も行う

(8145)中部水産

名証2部 卸売業

水産物卸売業、名古屋周辺が基盤。珍味などの加工品や養殖用飼料の製造、冷蔵保管事業も営む

(8146)小杉産業

東証 繊維製品

(8147)トミタ

JASDAQスタンダード 卸売業

1911年創業の工作機械、工具の専門商社。電子関連分野拡大。アジア主体に海外展開図る

(8148)上原成商事

東証2部 卸売業

石油、LPG、セメントの卸・小売業。京都、滋賀中心にガソリンスタンド展開。首都圏にも注力

(8150)三信電気

東証1部 卸売業

半導体商社大手。ルネサスエレ製品主体。ゲーム機など民生用に加え、産業用に注力。海外多い

(8151)東陽テクニカ

東証1部 卸売業

エレクトロニクス中心に計測器を扱う。輸入が主体の専門商社。企業、官庁の研究開発用に強み

(8152)ソマール

東証2部 卸売業

製紙、電子、自動車、情報関連業界向け機能性化学材料が主体。自社製品の強化も継続して展開

(8153)モスフードサービス

東証1部 卸売業

「モスバーガー」展開。業界2位、商品力に定評。FC比率8割弱。ダスキンと資本・業務提携

(8154)加賀電子

東証1部 卸売業

独立系の電子部品商社。受託製造のEMS等併営。UKCホールディングスとの統合計画解消

(8155)三益半導体工業

東証1部 金属製品

信越化学からウエハ研磨加工を受託。使用済みウエハ再生、半導体関連装置の設計や卸売りも

(8157)都築電気

東証2部 卸売業

富士通系ディーラー2位。通信と情報システムが2本柱。システム開発を拡大。グループ力強い

(8158)ソーダニッカ

東証1部 卸売業

ソーダ製品柱の化学品専門商社。苛性ソーダ首位。機能材、環境関連、アジアに注力。好財務内容

(8159)立花エレテック

東証1部 卸売業

電機、電子商社。三菱電機のFAシステム、ルネサスエレクトロニクスの半導体デバイスが主

(8160)木曽路

東証1部 小売業

しゃぶしゃぶの最大手。居酒屋「素材屋」なども経営。中部地盤から首都圏、関西圏にも進出

(8163)サトレストランシステムズ

東証1部 小売業

関西圏地盤の外食中堅。郊外型ファミレス「和食さと」が主力。定食「宮本むなし」を買収

(8165)千趣会

東証1部 小売業

「ベルメゾン」展開するカタログ、ネット主体の通販大手。頒布会、店舗に特徴。ブライダル事業も

(8166)タカキュー

東証1部 小売業

紳士衣料品主軸の企画・販売会社。イオンと提携。機能性・ファッション性高い商品の開発強化

(8167)リテールパートナーズ

東証2部 小売業

食品スーパー中堅。15年に山口の丸久と大分のマルミヤストアが統合。福岡のマルキョウ統合へ

(8168)ケーヨー

東証1部 小売業

関東地盤の大手ホームセンター。中部、関西も展開。DIY、家庭用品中心。DCMと統合交渉中

(8170)アデランス

東証 その他製品

かつらで双璧、女性向け首位。MBO成立、女性用再生へテコ入れ実施へ。17年2月ごろ上場廃止

(8171)マックスバリュ中部

名証2部 小売業

イオン系食品スーパー。地盤の三重や愛知を中心に展開。ディスカウント(DS)業態も運営

(8173)上新電機

東証1部 小売業

関西地盤の家電量販大手。PCや玩具、ソフトの専門店も展開。営業等でも地元色を全面訴求

(8174)日本瓦斯

東証1部 小売業

関東地盤にLPガス、都市ガスを展開。直販に特色。M&A戦略で商圏拡大。電力にも参入

(8175)ベスト電器

東証1部 小売業

九州発の家電量販。全国展開したが業績暗転、地盤回帰で経営再建。12年からヤマダ電機傘下

(8178)マルエツ

東証1部 小売業

(8179)ロイヤルホールディングス

東証1部 小売業

外食老舗。「ロイヤルホスト」と天丼「てんや」が柱。空港など施設内食堂や機内食、ホテルも展開

(8181)東天紅

東証1部 小売業

中華レストラン「東天紅」を全国の都市部に展開。宴会依存度高い。新・上野本店で婚礼に注力

(8182)いなげや

東証1部 小売業

東京・多摩地盤の食品スーパー。ドラッグ子会社を持つ。高級スーパーも展開。イオンと提携

(8184)島忠

東証1部 小売業

埼玉地盤に関東、関西で家具店とホームセンター(HC)を展開。店舗大型化進む。無借金経営

(8185)チヨダ

東証1部 小売業

靴量販店大手。主力は「東京靴流通センター」。子会社にカジュアル衣料店「マックハウス」

(8186)大塚家具

JASDAQスタンダード 小売業

総合家具小売り大手。都市部展開。中高級品・輸入品に強み。独自の会員価格販売。一族で対立も

(8187)京樽

JASDAQ 小売業

(8190)ヤマナカ

名証2部 小売業

愛知地盤の中堅スーパー。高級業態、ディスカウント業態も展開。PB商品拡充で差別化図る

(8191)光製作所

JASDAQスタンダード 卸売業

家具卸大手。生産、販売子会社を持ち、独自商品に強み。オフィスビルなど不動産賃貸が利益柱

(8192)シグマ・ゲイン

大証 小売業

(8193)鈴丹

東証 小売業

(8194)ライフコーポレーション

東証1部 小売業

食品スーパー大手。近畿と首都圏を中心に集中展開。三菱商事の持分法会社。ニチリウグループ

(8196)カスミ

東証1部 小売業

(8198)マックスバリュ東海

東証2部 小売業

旧ヤオハンが経営破綻後、イオン傘下の食品スーパーとして再建。ディスカウント(DS)も展開

(8200)リンガーハット

東証1部 小売業

九州発祥。長崎ちゃんぽん「リンガーハット」と、とんかつ「浜勝」が軸。ハチバンと提携解消

(8201)さが美

東証1部 小売業

呉服専門店チェーン。旧ユニー系、16年10月、投資ファンド傘下で再建へ。宝石、雑貨から撤退

(8202)ラオックス

東証2部 小売業

09年中国同業の蘇寧雲商傘下に。国内は中国人観光客への免税品販売が主。団体の誘客が得意

(8203)MrMax

東証1部 小売業

ショッピングセンター入居の家電、日用品ディスカウントストア。生鮮食品や薬品も。九州地盤

(8205)シャクリー・グローバル・グループ

JASDAQスタンダード 卸売業

独自のネットワークマーケティングでの無店舗販売(中国は有店舗)が柱。栄養補給食品が主力

(8206)ステラ・グループ

大証 小売業

(8207)テンアライド

東証1部 小売業

チェーン居酒屋の老舗。首都圏中心に「天狗」ブランドで居酒屋、和食レストランを直営展開

(8208)エンチョー

JASDAQスタンダード 小売業

静岡県地盤の住宅関連主体HC大手。中京、南関東も展開。専門店強化、店舗大型化に取り組む

(8209)フレンドリー

東証2部 小売業

近畿地盤にファミレスなど展開。地域経済活性化支援機構の下で事業再生中。7業態から集約も

(8211)相鉄ローゼン

東証1部 小売業

(8214)AOKIホールディングス

東証1部 小売業

紳士服専門店で業界2位。複合カフェやカラオケ、結婚式場「アニヴェルセル」等へも展開

(8215)銀座山形屋

JASDAQスタンダード 小売業

注文紳士服の老舗大手、1907年創業。小売りと催事販売が柱。婦人服、若者向け強化中

(8216)どん

大証 小売業

(8217)オークワ

東証1部 小売業

和歌山地盤に近畿、中部で食品スーパーやスーパーセンター(SuC)展開。ニチリウグループ

(8218)コメリ

東証1部 小売業

新潟発祥の大手ホームセンター(HC)。小型店と大型店を組み合わせた集中出店で全国展開

(8219)青山商事

東証1部 小売業

紳士服業界首位、郊外型紳士服専門店チェーンの草分け。カジュアルやセレクトショップも展開

(8225)タカチホ

JASDAQスタンダード 卸売業

国内旅行土産品の卸売業で業界トップ級。小売店も併営、長野中心に全国展開。温浴施設も運営

(8226)理経

東証2部 卸売業

IT機器を輸入販売する技術商社。新技術の目利きと衛星通信技術に強み。大学、官庁向け強い

(8227)しまむら

東証1部 小売業

低価格の実用・ファッション衣料。PBも展開。店舗標準化でコスト低減。郊外から都市部進出

(8228)マルイチ産商

名証2部 卸売業

長野が地盤の水産物卸大手。畜産、加工食品等も。関東などへ営業地盤拡大。三菱商事と密接

(8230)はせがわ

東証1部 小売業

仏壇・仏具の小売専門店で業界首位。葬儀社と提携販売も。墓石に加え屋内墓苑の販売を積極化

(8233)高島屋

東証1部 小売業

東京、大阪等全国展開する老舗百貨店。シンガポール店とSC子会社・東神開発の寄与大きい

(8236)丸善

東証1部 小売業

(8237)松屋

東証1部 小売業

呉服店発祥の名門百貨店。銀座本店と浅草店の2店体制。独立路線維持。子会社で飲食店運営も

(8242)エイチ・ツー・オー リテイリング

東証1部 小売業

07年阪急、阪神百貨店が統合。食品スーパーのオアシス、総合スーパーのイズミヤ等も展開

(8244)近鉄百貨店

東証1部 小売業

近鉄グループ。大阪南部、奈良を地盤に直営10店展開。14年開業のハルカス近鉄本店が中核担う

(8245)丸栄

東証1部 小売業

名古屋の百貨店「4M」の一角。医薬品など手掛ける興和傘下で再建目指す。店舗は栄本店のみ

(8246)岩田屋

 小売業

(8247)大和

東証2部 小売業

1923年創設の老舗百貨店。金沢の香林坊に旗艦店、富山に2店。子会社にホテルや勁草書房

(8249)テクノアソシエ

東証2部 卸売業

住友電工系の金属・化成品部材商社。ネジ販売首位。協力工場も活用し製品の高付加価値化図る

(8251)パルコ

東証1部 小売業

ファッションビル経営の先駆でデベロッパー事業主力。劇場など兼営。12年、Jフロント傘下に

(8252)丸井グループ

東証1部 小売業

小売店は自社での販売から賃貸へ切り替え中。自社カードによる割賦販売・手数料収入が柱

(8253)クレディセゾン

東証1部 その他金融業

流通系カード首位。セゾンカード軸に高島屋、みずほ銀行などとも提携。開発力の高さに定評

(8254)さいか屋

東証2部 小売業

神奈川の百貨店。15年5月に川崎店閉鎖、藤沢店と横須賀店が主力店。町田店は管理業務を受託

(8255)アクシアル リテイリング

東証1部 小売業

新潟地盤の食品スーパー原信とナルスが統合して発足。13年10月に群馬地盤フレッセイと合併

(8256)プロルート丸光

JASDAQスタンダード 卸売業

セルフサービス方式の大手総合衣料問屋。婦人外着や日用雑貨に軸足を置く。海外仕入れ拡大

(8257)山陽百貨店

JASDAQスタンダード 小売業

山陽電鉄系。百貨店は姫路駅ターミナルの本店単店舗、サテライトショップ6店舗等も展開

(8258)セディナ

東証1部 その他金融業

(8260)井筒屋

東証1部 小売業

北九州が地盤の老舗百貨店。リストラ一段落、期間利益の積み上げで財務体質の改善を進める

(8263)ダイエー

東証1部 小売業

(8266)イズミヤ

東証1部 小売業

(8267)イオン

東証1部 小売業

国内流通2強の一角。不動産、金融等も展開。M&Aで成長。ダイエー買収。子会社上場多い

(8273)イズミ

東証1部 小売業

中四国・九州が地盤の総合スーパー。食品スーパーも。M&Aに積極的。ニチリウグループ

(8274)東武ストア

東証1部 小売業

東京、埼玉、千葉の東武沿線中心に展開。丸紅が筆頭株主。東武鉄道も出資。深夜営業を強化

(8275)フォーバル

東証1部 卸売業

中小向け通信機器販売、ネットワーク接続が主力。ITコンサルに注力。auショップも展開

(8276)平和堂

東証1部 小売業

滋賀県で圧倒的シェアのスーパー。東海や北陸に出店、中国に百貨店進出。ニチリウグループ

(8278)フジ

東証1部 小売業

四国最大のチェーンストア。愛媛を地盤に広島など中国地区へも展開。SC形式の出店が中心

(8279)ヤオコー

東証1部 小売業

埼玉県中心に食品スーパーを展開。独立系。提案型売り場作りに定評。ライフとPB共同開発

(8281)ゼビオホールディングス

東証1部 小売業

スポーツ用品販売大手。大型店のスーパースポーツゼビオ、ヴィクトリアが柱。ゴルフ専門店も

(8282)ケーズホールディングス

東証1部 小売業

北関東地盤の家電量販。デンコードーなど買収し全国区へ拡大。現金値引きと郊外出店に特徴

(8283)PALTAC

東証1部 卸売業

化粧・日用品、一般用医薬品卸で業界最大手。メディパルHD傘下。ドラッグストア向け約6割

(8285)三谷産業

東証1部 卸売業

北陸地盤の総合商社。化学品、情報システム、住宅設備、石油などに展開。医薬品原薬など製造も

(8287)マックスバリュ西日本

東証2部 小売業

イオン系食品スーパー。発祥の姫路から山陽、四国へ拡大。ディスカウント店(DS)も展開

(8289)Olympicグループ

東証1部 小売業

独立系。首都圏地盤に食品スーパーや大型ホームセンター、専門店など業態別に子会社化し展開

(8291)日産東京販売ホールディングス

東証1部 小売業

日産系最大手ディーラー。東京の個人・小口法人販売を集約し発足、傘下に東京日産など3販社

(8293)ATグループ

名証2部 小売業

トヨタの有力ディーラーで愛知トヨタが核。ネッツやレクサス店も展開。スズキ車も取り扱う

(8298)ファミリー

JASDAQスタンダード 小売業

千葉県地盤の独立系輸入車ディーラー。VWなど11ブランドを販売。太陽光発電事業に参入

(8301)日本銀行

JASDAQスタンダード 銀行業

(8303)新生銀行

東証1部 銀行業

旧長銀。公的資金残は普通株で2100億円超。消費者金融レイクが柱。法人向け仕組み金融も

(8304)あおぞら銀行

東証1部 銀行業

旧日債銀。不動産融資と個人法人向け金融商品販売が柱。アジア展開。公的資金完済。四半期配当

(8306)三菱UFJフィナンシャル・グループ

東証1部 銀行業

国内最大の民間金融グループ。銀行、信託、証券、カード、リース等。米州・アジアでの展開進む

(8308)りそなホールディングス

東証1部 銀行業

旧大和・あさひ。傘下にりそな、埼玉りそな、近畿大阪。中小企業・個人向け主軸。公的資金完済

(8309)三井住友トラスト・ホールディングス

東証1部 銀行業

傘下に三井住友信託銀行。信託財産残高で首位。不動産仲介も首位級。ダイナースカードを買収

(8316)三井住友フィナンシャルグループ

東証1部 銀行業

傘下に三井住友銀、SMBC日興証券、プロミスなど。3大金融グループの一角、効率性トップ

(8324)第四銀行

東証1部 銀行業

地銀上位。現存最古の銀行。新潟県で断トツ。首都圏で住宅ローン。システムは千葉銀らと共同

(8325)北越銀行

東証1部 銀行業

地銀中位。新潟県2番手。長岡本拠。他県展開よりも地元を重視。地域密着型営業・リテール強化

(8327)西日本シティ銀行

東証1部 銀行業

(8331)千葉銀行

東証1部 銀行業

地銀大手。千葉県で断トツ。東京への展開を強化中。海外も進捗。システムは第四銀らと共同

(8332)横浜銀行

東証1部 銀行業

(8333)常陽銀行

東証1部 銀行業

(8334)群馬銀行

東証1部 銀行業

地銀上位。群馬県で断トツ。埼玉、東京、神奈川での展開強化。NYなど海外拠点も。国際基準行

(8336)武蔵野銀行

東証1部 銀行業

地銀中位。さいたま市中心に埼玉県全域に店舗。東京との県境地区を強化。中小企業取引に強み

(8337)千葉興業銀行

東証1部 銀行業

千葉県が地盤の地銀。法人・個人一体型取引を推進、個人向け営業体制も強化。みずほと親密

(8338)筑波銀行

東証1部 銀行業

地銀中位行。茨城県2番手。関東つくば銀行が茨城銀行と合併。震災後に公的資金350億円

(8339)東京都民銀行

東証1部 銀行業

(8341)七十七銀行

東証1部 銀行業

地銀上位。東北で最大。仙台拠点。新システムは横浜銀らと共同化。震災後の公的資金は完済

(8342)青森銀行

東証1部 銀行業

地銀中位。青森県最大の金融機関。岩手銀、秋田銀と提携。子会社でリース、カード、信用保証

(8343)秋田銀行

東証1部 銀行業

地銀中位行。預貸金とも秋田県で圧倒的シェア。福島、北海道にも展開。青森銀、岩手銀と連携

(8344)山形銀行

東証1部 銀行業

山形、米沢の内陸工業地帯が地盤の地銀中堅。財務良好、県内トップシェア。県指定金融機関

(8345)岩手銀行

東証1部 銀行業

地銀中位。岩手県3行中断トツ。青森銀、秋田銀と提携。リース、カード、ベンチャーキャピタルも

(8346)東邦銀行

東証1部 銀行業

福島県地盤、茨城、東京にも店舗。財務基盤安定し、県内シェアは預金が4割半ば、貸出が約4割

(8347)荘内銀行

東証1部 銀行業

(8349)東北銀行

東証1部 銀行業

地銀下位行。岩手県3番手。地元有志設立の戦後初の普通銀行。震災特例の公的資金100億円

(8350)みちのく銀行

東証1部 銀行業

地銀中位行。青森2番手。函館にも営業地盤。みずほグループと親密。公的資金200億円

(8354)ふくおかフィナンシャルグループ

東証1部 銀行業

福岡銀を核に熊本銀、親和銀。九州全域展開。十八銀も17年4月統合へ。総資産で地銀首位級

(8355)静岡銀行

東証1部 銀行業

地銀上位。静岡で断トツ。国際基準行。財務強固。東名阪、神奈川に支店。業務範囲の拡大に意欲

(8356)十六銀行

東証1部 銀行業

資金量は岐阜県首位。県内貸出シェア約3割。愛知県に展開。子会社の岐阜銀と12年9月合併

(8358)スルガ銀行

東証1部 銀行業

静岡東部、神奈川西部地盤。個人向け貸出比率高い。ゆうちょ銀、リクルートHD等と提携関係

(8359)八十二銀行

東証1部 銀行業

長野地盤で地銀上位。県内貸出シェア4割、堅実経営、高自己資本比率、三菱東京UFJと親密

(8360)山梨中央銀行

東証1部 銀行業

山梨唯一の地銀。県内融資シェア約4割。東京都西部にも積極進出。自己資本比率は地銀首位級

(8361)大垣共立銀行

東証1部 銀行業

岐阜県西部地盤に愛知、三重、滋賀へ展開。岐阜、愛知にローンプラザ配置、15年度から県指定金

(8362)福井銀行

東証1部 銀行業

福井県を地盤に石川、富山にも展開。地銀中位行。保有株式少ない。北國銀、富山第一銀と提携

(8363)北國銀行

東証1部 銀行業

石川県を地盤とする地銀中位行。県内融資シェアは4割半ば。富山県を最重点地域に位置づけ

(8364)清水銀行

東証1部 銀行業

地銀中下位行。静岡県内3番手。旧清水市が地盤。戦前に7行合併で誕生。中小企業向けが主体

(8365)富山銀行

東証1部 銀行業

戦後設立の地銀。預金量は4000億円台で地銀協加盟行では最小規模。リテール強化中

(8366)滋賀銀行

東証1部 銀行業

滋賀県内の融資シェア4割超。収益管理体制を徹底。琵琶湖浄化など環境関連の法人融資に熱心

(8367)南都銀行

東証1部 銀行業

財務と効率経営に定評。奈良県内融資シェア5割弱、預金シェア3割強と圧倒的。隣接府県進出

(8368)百五銀行

東証1部 銀行業

地銀上位。三重県3地銀で断トツ。三菱銀が大株主。十六銀、名古屋銀と親密。愛知県で出店加速

(8369)京都銀行

東証1部 銀行業

財務体質に定評。京都府内融資シェア約3割。株式含み益は銀行界トップ級。広域出店で拡大

(8370)紀陽銀行

東証1部 銀行業

和歌山県唯一の地銀。06年に旧和歌山銀行を統合。公的資金完済を機に親会社の紀陽HD吸収

(8372)泉州銀行

大証1部 銀行業

(8374)三重銀行

東証1部 銀行業

地銀中位。貸出で三重2位。四日市本拠。県の北・中部地盤。愛知へも展開。頭取は三井住友銀出身

(8375)池田銀行

東証1部 銀行業

(8377)ほくほくフィナンシャルグループ

東証1部 銀行業

傘下に北陸銀行と北海道銀行。地銀広域統合の先駆。横浜銀とシステムなど提携。公的資金完済

(8379)広島銀行

東証1部 銀行業

地銀上位。県内シェア預金4割弱、貸出金3割半ば。リテール強化。岡山、愛媛、山口も注力

(8381)山陰合同銀行

東証1部 銀行業

山陰地盤。鳥取、島根で預金高1位。広島、岡山、兵庫にも展開。営業地域が広範な点に特徴

(8382)中国銀行

東証1部 銀行業

地銀上位。岡山県首位。広島、香川に展開。兵庫も強化中。財務良好。千葉銀らとシステム共同

(8383)鳥取銀行

東証1部 銀行業

地銀中下位。鳥取唯一の地銀だが預貸シェアは山陰合同の次。県東部地盤。西部と島根東部強化

(8385)伊予銀行

東証1部 銀行業

愛媛から瀬戸内へ展開。資金量は四国一。中小企業、個人に強み。香港に支店。頭取は生え抜き

(8386)百十四銀行

東証1部 銀行業

香川県を地盤に岡山県や大阪府など瀬戸内地域に展開。資金量は四国で2位。大企業取引多い

(8387)四国銀行

東証1部 銀行業

高知、徳島を中心に四国全県へ展開。1878年創業。みずほ銀と親密。高知県の指定銀行

(8388)阿波銀行

東証1部 銀行業

前身は1879年創業。徳島県内預金シェアは3割と首位。関西にも展開、中小企業金融に重点

(8390)鹿児島銀行

東証1部 銀行業

(8392)大分銀行

東証1部 銀行業

地銀中位。大分県地盤だが北・中九州でも店舗展開。香港に駐在員事務所も。企業育成に注力

(8393)宮崎銀行

東証1部 銀行業

宮崎県の指定金融機関。鹿児島、福岡など域外にも展開。農業、医療・介護向けの金融も注力

(8394)肥後銀行

東証1部 銀行業

(8395)佐賀銀行

東証1部 銀行業

地銀中位。県内は貸出金シェア4割超、預金シェア5割超で、福岡県にも多数店舗を出店し開拓

(8396)十八銀行

東証1部 銀行業

長崎地盤で地銀中位。第十八国立銀行が前身。貸出シェア3割強。17年春ふくおかFG傘下へ

(8397)沖縄銀行

東証1部 銀行業

戦後設立。預金量約1・9兆円で地銀中位。信託併営。不良債権比率低く、財務体質が良好

(8398)筑邦銀行

福岡 銀行業

久留米市、福岡市を中核に福岡県南が地盤。戦後設立、地銀下位。基幹系システムで提携路線

(8399)琉球銀行

東証1部 銀行業

貸出、預金シェアは沖縄県トップ。ミニ店舗やローンセンターなどチャネル充実を積極推進

(8403)住友信託銀行

東証1部 銀行業

(8404)みずほ信託銀行

東証1部 銀行業

(8409)八千代銀行

東証1部 銀行業

(8410)セブン銀行

東証1部 銀行業

提携金融機関からのATM手数料が柱。セブン‐イレブン店舗中心に2万台超、海外展開進む

(8411)みずほフィナンシャルグループ

東証1部 銀行業

3メガバンクで規模2位。旧富士、第一勧業、日本興業の3行が前身。銀行・信託・証券の連携加速

(8415)紀陽ホールディングス

東証1部 銀行業

(8416)高知銀行

東証1部 銀行業

高知の第二地銀。県内シェアは貸出金約25%、預貯金約15%。地元シェア高い。公的資金注入行

(8418)山口フィナンシャルグループ

東証1部 銀行業

傘下に山口銀、もみじ銀、北九州銀。証券やリースにも展開し、金融コングロマリット化を標榜

(8423)アクリーティブ

東証1部 その他金融業

売掛債権を買い取り早期に資金化。流通業が主顧客。医療関連債権も扱う。ドンキホーテ子会社

(8424)芙蓉総合リース

東証1部 その他金融業

みずほ(旧富士銀)系。情報関連、事務機器等のファイナンスリースのほか、不動産リースに強み

(8425)興銀リース

東証1部 その他金融業

みずほ(旧興銀)系。総合金融サービス会社化を目指す。堅実なALM運営、財務安定性に定評

(8426)ニッシン債権回収

東証 その他金融業

(8439)東京センチュリー

東証1部 その他金融業

合併で誕生したみずほ(旧第一勧銀)系リース大手。伊藤忠商事などが母体。海外強化に意欲的

(8462)フューチャーベンチャーキャピタル

JASDAQスタンダード 証券業

独立系ベンチャーキャピタル。自治体と連携。投資後の育成支援に力。カネカが筆頭株主

(8473)SBIホールディングス

東証1部 証券業

国内外ベンチャー企業投資、ネット証券、保険、銀行など総合金融業を志向。バイオ領域に注力

(8489)中小企業信用機構

JASDAQ その他金融業

(8493)インター

大証 その他金融業