%Rオシレータ 見方・使い方

%Rオシレータとは

%Rオシレータとは、一定期間の最高値と最安値の間で価格がどこに位置するかを表す指標です。%Rオシレータの値は0~100%の間を推移し、株価が上昇傾向の場合は「0%」付近に位置し、下落傾向の場合は「100%」付近に位置します。一般的に、%Rオシレータが20%以下の時は「買われ過ぎ」のため『売りシグナル』、%Rオシレータが80%以上の時は「売られ過ぎ」のため『買いシグナル』と言われています。

%Rオシレータの計算式

  • %Rオシレータ=(n日間の最高値-当日の終値)÷(n日間の最高値-n日間の最安値)×100(%)
  • 式中のnは一般的に、20日が使用され、当サイトでも「20日」で計算を行っています。

%Rオシレータのシグナル発生条件

%Rオシレータについては、以下の条件を買いシグナル・売りシグナルの発生条件(※)に設定しています。それぞれのシグナル発生銘柄の一覧も参照できます。

(※)条件は、一般的な数値などを参考に設定したものです。

買いシグナル 発生条件
%Rオシレータが「80%」以上の時
%Rオシレータ・買いシグナル
 
売りシグナル 発生条件
%Rオシレータが「20%」以下の時
%Rオシレータ・売りシグナル