ストキャスティクス 見方・使い方

ストキャスティクスとは

ストキャスティクスとは、株価の「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」を判断するための指標で、「%K」「%D」「Slow%D」と3種類の指標から売買タイミングを判断します。「%K」は一定期間の最高値から最安値の中で、直近の終値がどのあたりに位置するかを表す指標であり、株価の動きが反映されるため細かな振動になります。「%D」は%Kを合計しているため平滑化した振動になります。「Slow%D」は%Dを一定期間で平均化しているため更に緩やかな振動になります。また、ストキャスティクスには2つの種類があり、「%K」と「%D」を使い売買タイミングを判断する手法を「ファスト・ストキャスティクス」と言い、「Slow%D」と「%D」を使い売買タイミングを判断する手法を「スロー・ストキャスティクス」と言います。

ストキャスティクスの計算式

  • %K=(当日の終値-n日間の最安値)÷(n日間の最高値-n日間の最安値)×100(%)
  • %D=(当日の終値-n日間の最安値)の直近3日間の合計÷(n日間の最高値-n日間の最安値)の直近3日間の合計×100(%)
  • Slow%D=%Dの3日間移動平均
  • 式中のnは一般的に、5日・9日・14日などが使用され、当サイトでは「5日」で計算を行っています。

ストキャスティクスのシグナル発生条件

ストキャスティクスについては、以下の条件を買いシグナル・売りシグナルの発生条件(※)に設定しています。それぞれのシグナル発生銘柄の一覧も参照できます。

(※)条件は、一般的な数値などを参考に設定したものです。

買いシグナル 発生条件
① %Kが%Dを下から上に抜いている場合(ファスト・ストキャスティクス)
ファスト・ストキャスティクス・買いシグナル
② %DがSlow%Dを下から上に抜いている場合(スロー・ストキャスティクス)
スロー・ストキャスティクス・買いシグナル
 
売りシグナル 発生条件
① %Kが%Dを上から下に抜いている場合(ファスト・ストキャスティクス)
ファスト・ストキャスティクス・売りシグナル
② %DがSlow%Dを上から下に抜いている場合(スロー・ストキャスティクス)
スロー・ストキャスティクス・売りシグナル