サイコロジカルライン 見方・使い方

サイコロジカルラインとは

「サイコロジカル」とは「心理的」という意味を指し、投資家の心理として「株価の上昇が続いていると、そろそろ止まるかな?」と考えたり、「下落が続くと、そろそろ上がるのでは?」と考えたりするものです。実際にこういった心理は市場に反映され、下落に転じてしまったり、上昇に転じることがあります。サイコロジカルラインとは、このような心理を数値化したもので「ある一定期間の中で株価が上昇した日数の比率」が求められます。一般的に、この比率が「75%」以上は買われ過ぎと判断し『売りシグナル』、また「25%」以下は売られ過ぎと判断し『買いシグナル』となります。

サイコロジカルラインの計算式

  • サイコロジカルライン=n日間の株価上昇日の日数÷n日間×100(%)
  • 式中のnは一般的に、12日が使用され、当サイトでも「12日」で計算を行っています。

サイコロジカルラインのシグナル発生条件

サイコロジカルラインについては、以下の条件を買いシグナル・売りシグナルの発生条件(※)に設定しています。それぞれのシグナル発生銘柄の一覧も参照できます。

(※)条件は、一般的な数値などを参考に設定したものです。

買いシグナル 発生条件
サイコロジカルラインが「25%」以下の時
サイコロジカルライン・買いシグナル
 
売りシグナル 発生条件
サイコロジカルラインが「75%」以上の時
サイコロジカルライン・売りシグナル