株価分析 買いシグナル多数 注目銘柄(2)

買いシグナル多数銘柄 (2020/06/01)

2020/06/01 18:53 更新

買われ過ぎ(上がり過ぎ)、売られ過ぎ(下がり過ぎ)など株価の行き過ぎを客観的な数値として示すテクニカル指標が「売られ過ぎ(下がり過ぎ)」を指し示した時は「買いシグナル」と言われています。これは、売られ過ぎの状態により株価が底もしくは底に近付いているため、その反動として今後相場の反転が予想されるという逆張り的な発想です。この「売られ過ぎ=買いシグナル」という観点に基づいて、多数のテクニカル指標から買いシグナルが発生している銘柄をピックアップしています。

11 銘柄 - 2 / 2ページ(10~11件目) 買いシグナル発生数が多い銘柄から順に表示
買いシグナル
5
【6901】東証1部 電気機器
  • %Rオシレータ 92%
  • RSI 15%
  • 乖離率 -17%
  • ボリュームレシオ① 47%
  • MFI 10%
買いシグナル
5
【9437】東証1部 情報・通信
  • %Rオシレータ 94%
  • RSI 29%
  • ボリュームレシオ① 40%
  • ボリュームレシオ② 29%
  • ファスト・ストキャスティクス %K:34|%D:31
11 銘柄 - 2 / 2ページ(10~11件目)
銘柄検索
銘柄コード(半角)または社名を入力して検索
買いシグナル 発生条件
株価がボリンジャーバンド「-2σ」以下
・%Kが%Dを下から上に抜いた時
・%DがSlow%Dを下から上に抜いた時
・ボリュームレシオ①が「70%」以下
・ボリュームレシオ②が「30%」以下
サイコロジカルラインが「25%」以下
%Rオシレータが「80%」以上
モメンタムが「ゼロ以下」から「ゼロ」を超えた時
乖離率が「-10%」以下
MACDが「MACDシグナル」を下から上に抜いた時
RSIが「30%」以下
RCIが「-80%」以下から「-80%」を超えた時
ROCが「100%」以下から「100%」を超えた時
「+DI」が「-DI」を下から上に抜いた時
MFIが「20%」以下
広告