東証1部【ボリュームレシオ②】ランキング・昇順

【ボリュームレシオ②】買いの目安は30%以下

ボリュームレシオとは、株価が上昇した日の出来高と下落した日の出来高の比率から株価の過熱感を判断する指標です。「ボリュームレシオ②」とは、期間内の「株価が上昇した日の出来高」と「全体の出来高合計」の割合を表し、その範囲は0~100%となります。その中で「30%以下」の場合は、株価はその後『上がる』可能性が高いと言われています。各銘柄のボリュームレシオ②の値を『昇順(小→大)』にしてランキング形式で掲載しています。(毎日18:50頃更新)

【テクニカル指標選択】
乖離率(25日) マイナス
プラス
%Rオシレータ 昇順 降順
ストキャスティクス 昇順 降順
サイコロジカルライン 昇順 降順
ボリュームレシオ① 昇順 降順
ボリュームレシオ② 昇順 降順
 
 
ボリンジャーバンド
(10日)
株価 < -2σ
株価 > +2σ
ボリンジャーバンド
(25日)
株価 < -2σ
株価 > +2σ
MACD 0ライン 以上
0ライン 以下
ボリュームレシオ②【昇順】ランキング(東証1部)
2021/03/01 18:50 更新
2185 銘柄 - 1 / 146ページ(1~15件目)を表示
ポイント ボリュームレシオ②が30%以下は上昇期待
# 銘柄 ボリュームレシオ② 日 足
チャート
1
レシップホールディングス (7213・東1・輸送用機器)
15 %
2
カワタ (6292・東1・機械)
19 %
3
コプロ・ホールディングス (7059・東1・サービス業)
21 %
4
アドソル日進 (3837・東1・情報・通信)
22 %
5
エストラスト (3280・東1・不動産業)
23 %
6
太陽ホールディングス (4626・東1・化学)
23 %
7
アイティフォー (4743・東1・情報・通信)
23 %
8
リオン (6823・東1・電気機器)
23 %
9
ピーバンドットコム (3559・東1・卸売業)
24 %
10
Ubicomホールディングス (3937・東1・情報・通信)
24 %
11
チェンジ (3962・東1・情報・通信)
24 %
12
24 %
13
日本電設工業 (1950・東1・建設業)
25 %
14
ノムラシステムコーポレーション (3940・東1・情報・通信)
25 %
15
第一三共 (4568・東1・医薬品)
25 %