ヤマト・インダストリー(7886)の株価 テクニカル分析

ヤマト・インダストリー ヤマト・インダストリー
 
  • JASDAQスタンダード
  • 化学
ヤマト・インダストリー(7886)の分析

12/8(金)のテクニカル分析からヤマト・インダストリー(7886)を読み解く

各種テクニカル指標から本日12/8(金)のヤマト・インダストリーの分析結果をまとめました。
分析の集計は毎日17:40~18:00の間に更新しています。

12/8(金)
今日の分析
売買シグナルから見る相場の過熱感
<… 売られ過ぎ
買われ過ぎ …>
当サイトで扱う売買シグナル(各16コ)に対する発生割合
【買い】
25%
【売り】
0%

本日は売りシグナルは無く、買いシグナルは 4コの指標から発生しています。全ての指標に対する買いシグナルの発生割合から見ると『売り』がやや優勢の相場のようですが「売られ過ぎ」とまでは言えないので、今後すぐさま相場が反転するかどうかは五分五分のところです。

買いシグナル発生指標

RCIとは、株価そのものを計算対象にするのではなく、日付と株価に順位を付けて「相関関係」を算出します。算出されるRCIは株価が上昇し続けると「100%」に近づき、下降し続けると「-100%」に近づきます。このようにRCIは-100%~100%の間を推移します。一般的に、底打ちしてから-80%を超えてきたら『買いシグナル』と言われています。

「サイコロジカル」とは「心理的」という意味を指し、投資家の心理として「株価の上昇が続いていると、そろそろ止まるかな?」と考えたり、「下落が続くと、そろそろ上がるのでは?」と考えたりするものです。実際にこういった心理は市場に反映され、下落に転じてしまったり、上昇に転じることがあります。サイコロジカルラインとは、このような心理を数値化したもので「ある一定期間の中で株価が上昇した日数の比率」が求められます。一般的に、この比率が「25%」以下は売られ過ぎと判断し『買いシグナル』となります。

ボリュームレシオとは、株価が上昇した日の出来高と下落した日の出来高の比率から株価の「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」を判断する指標で、期間内の「株価が上昇した日の出来高」と「株価が下降した日の出来高」の割合を表します。指標の範囲は「0%~上限なし」となり、その中で「70%」以下の場合は『買いシグナル』と言われています。

DMIとは、トレンドの方向や強さを測るための指標です。売買タイミングとしては、+DIが-DIを下から上に抜いたら『買いシグナル』と言われています。

過去の分析(過去10日)

過去10日の各日のテクニカル分析による売買シグナル数と売買シグナルから見る相場の過熱感(買われ過ぎ・売られ過ぎ)を表示しています。

・買われ過ぎの場合「売りシグナル」が多く、売られ過ぎの場合「買いシグナル」が多くなります。
・買いシグナル数と売りシグナル数の差が大きいほど過熱しているため相場反転の可能性が高くなります。
 
<… 売られ過ぎ
相場の過熱感
買われ過ぎ …>
売買シグナル数
12/7(木)
【買いシグナル】
---
【売りシグナル】
12/6(水)
【買いシグナル】
【売りシグナル】
---
12/5(火)
【買いシグナル】
【売りシグナル】
12/4(月)
【買いシグナル】
【売りシグナル】
12/1(金)
【買いシグナル】
---
【売りシグナル】
11/30(木)
【買いシグナル】
---
【売りシグナル】
11/29(水)
【買いシグナル】
【売りシグナル】
11/28(火)
【買いシグナル】
【売りシグナル】
11/27(月)
【買いシグナル】
---
【売りシグナル】
11/24(金)
【買いシグナル】
【売りシグナル】
---

12/8(金) 指標ごとに今日のテクニカル分析を細かく見ていく

毎日定時に各種テクニカル指標の指標値、売買シグナル、チャートを更新しています。

多数の指標の中から自分に合ったものを見つけて、分析する際の材料としてお使いください。

上に掲載している「今日の分析」では、各テクニカル指標の売買シグナルに焦点を当て、これらを集計し指標全体から現在の状態を推測しています。しかし、これはあくまでも当サイトの参考分析であって、必ずしも全ての指標を取り入れなくても良いのです。自分の投資スタイルに合う指標や銘柄と相性の良い指標があれば、その指標を重視するという手法も取れますので、じっくりと慎重にそのような指標を見つけ出してください。

それでは、各テクニカル指標ごとの「指標値」と「売買シグナル」を見ていきましょう。

売買シグナルは各指標の「売買シグナル発生条件」を元に、買いシグナルの条件を満たしていれば『買い』、売りシグナルの条件を満たしていれば『売り』、条件に該当しなければ『無』と表示しています。

売買シグナルの発生条件については、一般的な数値などを参考に設定したものです。

指標計算とチャート更新には若干のタイムラグ(指標計算…17:40~18:00、チャート更新…18:00~19:00)があるので、古いチャートが表示される場合がありますが予めご了承ください。

  +2σ -2σ 売買シグナル発生有無
ボリンジャーバンド(10日) 194 178
  • 買い 売り
ボリンジャーバンド(25日) 209 169
  • 買い 売り
ヤマト・インダストリー(7886)のボリンジャーバンド(10日)
ボリンジャーバンド(10日)
 
ヤマト・インダストリー(7886)のボリンジャーバンド(25日)
ボリンジャーバンド(25日)
ボリンジャーバンドの売買シグナル発生条件株価が「-2σ」以下 株価が「+2σ」以上
  • 乖離率(25日)
  • -3%
 
  • 売買シグナル発生有無
  • 買い 売り
ヤマト・インダストリー(7886)の日足チャート ヤマト・インダストリー(7886)の乖離率(25日)
乖離率(25日)の売買シグナル発生条件(目安)
乖離率が「-10%」以下 乖離率が「10%」以上
  • MACD
  • -3
 
  • MACDシグナル
  • -2
 
  • 売買シグナル発生有無
  • 買い 売り
ヤマト・インダストリー(7886)の日足チャート ヤマト・インダストリー(7886)のMACD
MACDの売買シグナル発生条件
「MACD」が「MACDシグナル」を下から上に抜いた時
「MACD」が「MACDシグナル」を上から下に抜いた時
  • RSI
  • 46%
 
  • 売買シグナル発生有無
  • 買い 売り
ヤマト・インダストリー(7886)の日足チャート ヤマト・インダストリー(7886)のRSI
RSIの売買シグナル発生条件
RSIが「30%」以下
RSIが「70%」以上
  • RCI
  • -75%
 
  • 売買シグナル発生有無
  • 買い 売り
ヤマト・インダストリー(7886)の日足チャート ヤマト・インダストリー(7886)のRCI
RCIの売買シグナル発生条件
RCIが「-80%」以下から「-80%」を超えた時
RCIが「80%」以上から「80%」を下回った時
  • %Rオシレータ
  • 72%
 
  • 売買シグナル発生有無
  • 買い 売り
ヤマト・インダストリー(7886)の日足チャート ヤマト・インダストリー(7886)の%Rオシレータ
%Rオシレータの売買シグナル発生条件
%Rオシレータが「80%」以上
%Rオシレータが「20%」以下
  • モメンタム
  • -7
 
  • 売買シグナル発生有無
  • 買い 売り
ヤマト・インダストリー(7886)の日足チャート ヤマト・インダストリー(7886)のモメンタム
モメンタムの売買シグナル発生条件
モメンタムが「ゼロ」以下から「ゼロ」を超えた時
モメンタムが「ゼロ」以上から「ゼロ」を下回った時
  • ROC
  • 96%
 
  • 売買シグナル発生有無
  • 買い 売り
ヤマト・インダストリー(7886)の日足チャート ヤマト・インダストリー(7886)のROC
ROCの売買シグナル発生条件
ROCが「100%」以下から「100%」を超えた時
ROCが「100%」以上から「100%」を下回った時
  • サイコロジカルライン
  • 21%
 
  • 売買シグナル発生有無
  • 買い 売り
ヤマト・インダストリー(7886)の日足チャート ヤマト・インダストリー(7886)のサイコロジカルライン
サイコロジカルラインの売買シグナル発生条件
サイコロジカルラインが「25%」以下
サイコロジカルラインが「75%」以上
  • +DI
  • 24%
 
  • -DI
  • 18%
 
  • 売買シグナル発生有無
  • 買い 売り
ヤマト・インダストリー(7886)の日足チャート ヤマト・インダストリー(7886)のDMI
DMIの売買シグナル発生条件
「+DI」が「-DI」を下から上に抜いた時
「+DI」が「-DI」を上から下に抜いた時
  • MFI
  • 49%
 
  • 売買シグナル発生有無
  • 買い 売り
ヤマト・インダストリー(7886)の出来高 ヤマト・インダストリー(7886)のMFI
MFIの売買シグナル発生条件
MFIが「20%」以下
MFIが「80%」以上
  %D %K Slow%D 売買シグナル発生有無
ファスト・ストキャスティクス 41% 60%
  • 買い 売り
スロー・ストキャスティクス 28%
  • 買い 売り
ヤマト・インダストリー(7886)の日足チャート ヤマト・インダストリー(7886)のストキャスティクス
 
ストキャスティクスの種類
【ファスト・ストキャスティクス】
「%D」と「%K」を使い売買タイミングを判断する手法
【スロー・ストキャスティクス】
「%D」と「Slow%D」を使い売買タイミングを判断する手法
ストキャスティクスの売買シグナル発生条件
【ファスト・ストキャスティクス】 「%K」が「%D」を下から上に抜いた時    「%K」が「%D」を上から下に抜いた時
 【スロー・ストキャスティクス】 「%D」が「Slow%D」を下から上に抜いた時 「%D」が「Slow%D」を上から下に抜いた時
    売買シグナル発生有無
VR① 66%
  • 買い 売り
VR② 40%
  • 買い 売り
ヤマト・インダストリー(7886)の出来高 ヤマト・インダストリー(7886)のボリュームレシオ
ボリュームレシオの売買シグナル発生条件
VR①が「70%」以下 VR①が「450%」以上
VR②が「30%」以下 VR②が「70%」以上