シェアリングテクノロジー(3989)の株価 テクニカル分析

各種テクニカル指標から本日8/21(水)のシェアリングテクノロジーの分析結果をまとめました。
分析の集計は毎日17:40~18:00の間に更新しています。

シェアリングテクノロジー シェアリングテクノロジー
 
  • マザーズ
  • 情報・通信
シェアリングテクノロジー(3989)の分析
8/21(水)
今日の分析
売買シグナルから見る相場の過熱感
<… 売られ過ぎ
買われ過ぎ …>
当サイトで扱う売買シグナル(各16コ)に対する発生割合
【買い】
6.25%
【売り】
6.25%

1指標から買いシグナル、売りシグナルも1指標から出ています。売買シグナルの発生数が同数のため、今後の相場の方向性がどちらに向くのか、現時点で判断するのは難しいところです。

買いシグナル発生指標

乖離率とは、株価が移動平均線からどのくらい離れているかを示す指標です。株価が移動平均線と同一なら乖離率は「0%」となり、株価が移動平均線より高ければ乖離率はプラスの値となり、株価が移動平均線より安ければ乖離率はマイナスの値となります。そこで、株価が移動平均線から大きくマイナスに乖離した場合は売られ過ぎのため、株価はその後上がる可能性が高いと判断されます。しかし、乖離率が何%マイナスになったら、買いと判断するかは各銘柄の過去の乖離率の分布によって異なるため、明確な数値はありません。当サイトでは、目安として「-10%」を下回ったら『買いシグナル』としています。

売りシグナル発生指標

ボリュームレシオとは、株価が上昇した日の出来高と下落した日の出来高の比率から株価の「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」を判断する指標で、期間内の「株価が上昇した日の出来高」と「全体の出来高合計」の割合を表します。指標の範囲は「0~100%」となり、「70%」以上は『売りシグナル』と言われています。

過去の分析(過去10日)

過去10日の各日のテクニカル分析による売買シグナル数と売買シグナルから見る相場の過熱感(買われ過ぎ・売られ過ぎ)を表示しています。

・買われ過ぎの場合「売りシグナル」が多く、売られ過ぎの場合「買いシグナル」が多くなります。
・買いシグナル数と売りシグナル数の差が大きいほど過熱しているため相場反転の可能性が高くなります。
 
<… 売られ過ぎ
相場の過熱感
買われ過ぎ …>
売買シグナル数
8/20(火)
【買いシグナル】
【売りシグナル】
---
8/19(月)
【買いシグナル】
【売りシグナル】
---
8/16(金)
【買いシグナル】
【売りシグナル】
---
8/15(木)
【買いシグナル】
【売りシグナル】
8/14(水)
【買いシグナル】
【売りシグナル】
8/13(火)
【買いシグナル】
【売りシグナル】
---
8/9(金)
【買いシグナル】
【売りシグナル】
8/8(木)
【買いシグナル】
【売りシグナル】
---
8/7(水)
【買いシグナル】
---
【売りシグナル】
---
8/6(火)
【買いシグナル】
【売りシグナル】
---
銘柄検索
銘柄コード(半角)または社名を入力して検索
買いシグナル件数TOP3(08/21)
売りシグナル件数TOP3(08/21)

8/21(水) 指標ごとに今日のテクニカル分析を細かく見ていく

各テクニカル指標ごとの「指標値」と「売買シグナル」を見てみます。

売買シグナルは各指標の「売買シグナル発生条件」を元に、買いシグナルの条件を満たしていれば『買い』、売りシグナルの条件を満たしていれば『売り』、条件に該当しなければ『無』と表示しています。

売買シグナルの発生条件については、一般的な数値などを参考に設定したものです。

指標計算とチャート更新には若干のタイムラグ(指標計算…17:40~18:00、チャート更新…18:00~19:00)があるので、古いチャートが表示される場合がありますが予めご了承ください。

  +2σ -2σ 売買シグナル発生有無
ボリンジャーバンド(10日) 784 336
  • 買い 売り
ボリンジャーバンド(25日) 829 441
  • 買い 売り
ボリンジャーバンドの売買シグナル発生条件株価が「-2σ」以下 株価が「+2σ」以上
シェアリングテクノロジー(3989)のボリンジャーバンド(10日)
ボリンジャーバンド(10日)
 
シェアリングテクノロジー(3989)のボリンジャーバンド(25日)
ボリンジャーバンド(25日)
  • 乖離率(25日)
  • -17%
 
  • 売買シグナル発生有無
  • 買い 売り
乖離率(25日)の売買シグナル発生条件(目安)
乖離率が「-10%」以下 乖離率が「10%」以上
シェアリングテクノロジー(3989)の日足チャート シェアリングテクノロジー(3989)の乖離率(25日)
  • MACD
  • -63
 
  • MACDシグナル
  • -39
 
  • 売買シグナル発生有無
  • 買い 売り
MACDの売買シグナル発生条件
「MACD」が「MACDシグナル」を下から上に抜いた時
「MACD」が「MACDシグナル」を上から下に抜いた時
シェアリングテクノロジー(3989)の日足チャート シェアリングテクノロジー(3989)のMACD
  • RSI
  • 37%
 
  • 売買シグナル発生有無
  • 買い 売り
RSIの売買シグナル発生条件
RSIが「30%」以下
RSIが「70%」以上
シェアリングテクノロジー(3989)の日足チャート シェアリングテクノロジー(3989)のRSI
  • RCI
  • -80%
 
  • 売買シグナル発生有無
  • 買い 売り
RCIの売買シグナル発生条件
RCIが「-80%」以下から「-80%」を超えた時
RCIが「80%」以上から「80%」を下回った時
シェアリングテクノロジー(3989)の日足チャート シェアリングテクノロジー(3989)のRCI
  • %Rオシレータ
  • 58%
 
  • 売買シグナル発生有無
  • 買い 売り
%Rオシレータの売買シグナル発生条件
%Rオシレータが「80%」以上
%Rオシレータが「20%」以下
シェアリングテクノロジー(3989)の日足チャート シェアリングテクノロジー(3989)の%Rオシレータ
  • モメンタム
  • -87
 
  • 売買シグナル発生有無
  • 買い 売り
モメンタムの売買シグナル発生条件
モメンタムが「ゼロ」以下から「ゼロ」を超えた時
モメンタムが「ゼロ」以上から「ゼロ」を下回った時
シェアリングテクノロジー(3989)の日足チャート シェアリングテクノロジー(3989)のモメンタム
  • ROC
  • 86%
 
  • 売買シグナル発生有無
  • 買い 売り
ROCの売買シグナル発生条件
ROCが「100%」以下から「100%」を超えた時
ROCが「100%」以上から「100%」を下回った時
シェアリングテクノロジー(3989)の日足チャート シェアリングテクノロジー(3989)のROC
  • サイコロジカルライン
  • 50%
 
  • 売買シグナル発生有無
  • 買い 売り
サイコロジカルラインの売買シグナル発生条件
サイコロジカルラインが「25%」以下
サイコロジカルラインが「75%」以上
シェアリングテクノロジー(3989)の日足チャート シェアリングテクノロジー(3989)のサイコロジカルライン
  • +DI
  • 25%
 
  • -DI
  • 49%
 
  • 売買シグナル発生有無
  • 買い 売り
DMIの売買シグナル発生条件
「+DI」が「-DI」を下から上に抜いた時
「+DI」が「-DI」を上から下に抜いた時
シェアリングテクノロジー(3989)の日足チャート シェアリングテクノロジー(3989)のDMI
  • MFI
  • 76%
 
  • 売買シグナル発生有無
  • 買い 売り
MFIの売買シグナル発生条件
MFIが「20%」以下
MFIが「80%」以上
シェアリングテクノロジー(3989)の出来高 シェアリングテクノロジー(3989)のMFI
  %D %K Slow%D 売買シグナル発生有無
ファスト・ストキャスティクス 29% 89%
  • 買い 売り
スロー・ストキャスティクス 13%
  • 買い 売り
ストキャスティクスの売買シグナル発生条件
【ファスト・ストキャスティクス】 「%K」が「%D」を下から上に抜いた時    「%K」が「%D」を上から下に抜いた時
 【スロー・ストキャスティクス】 「%D」が「Slow%D」を下から上に抜いた時 「%D」が「Slow%D」を上から下に抜いた時
シェアリングテクノロジー(3989)の日足チャート シェアリングテクノロジー(3989)のストキャスティクス
 
ストキャスティクスの種類
【ファスト・ストキャスティクス】
「%D」と「%K」を使い売買タイミングを判断する手法
【スロー・ストキャスティクス】
「%D」と「Slow%D」を使い売買タイミングを判断する手法
    売買シグナル発生有無
VR① 267%
  • 買い 売り
VR② 73%
  • 買い 売り
ボリュームレシオの売買シグナル発生条件
VR①が「70%」以下 VR①が「450%」以上
VR②が「30%」以下 VR②が「70%」以上
シェアリングテクノロジー(3989)の出来高 シェアリングテクノロジー(3989)のボリュームレシオ
FXを始めるなら、まずはFX会社を選びましょう
FX会社はたくさんあり、どの業者で取引したら良いのか迷います。選び方は色々あると思いますが、参考までに下に2社挙げてみます。一つは、最も多くの人に選ばれている「DMM FX」。DMM FXは国内の口座開設者数No.1(※)です。もう一つは、1,000通貨から取引することができる「みんなのFX」。最低取引通貨単位が1万通貨のFX会社と比較すると、「みんなのFX」は少額資金で取引を始めることができます。
※2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2019年1月口座数調査報告書)
  • FX口座数国内No.1
  • 初心者からデイトレーダーまで対応する取引ツール
  • 取引コスト業界最狭水準のスプレッド
  • お得なポイントと無料の経済ニュース
  • FX業界初のLINE問い合わせ
  • 1,000通貨取引・手数料無料で初めてでも安心
  • 取引コスト業界最狭水準のスプレッド
  • スマホもPCも使いやすい取引ツール
  • レベルに合わせた充実のセミナー
  • 24時間サポートのコールセンター