乖離率の買いシグナル 株価分析【東証全体】

乖離率 買いシグナル一覧 (2019/03/20)

2019/03/20 18:50 更新

買い・売りの判断については、各銘柄の過去の乖離率の分布によって異なるため、明確な数値はありません。当サイトでは、目安として「-10%」を下回ったら『買いシグナル』と設定しています。本日、乖離率「-10%」を下回っている銘柄を一覧で掲載しています。

一覧に掲載している各銘柄のシグナル発生状況にも注目してください。様々なテクニカル指標を用いているので、発生するシグナルは1銘柄につき最大1つというわけではありません。そこで「乖離率の他にも複数の買いシグナルが出ている」「乖離率の買いシグナルが出ているものの売りシグナルの方が多く出ている」など色々な視点から分析ができます。気になる銘柄があれば銘柄詳細ページで全指標まとめて確認できますので、一覧中の銘柄名などリンクから詳細ページをご覧ください。

64 銘柄 - 1 / 7ページ(1~10件目)
乖離率と他指標の買いシグナル発生数の合計が多い銘柄から順に表示しています
【1448】東証1部 建設業
 
【8613】東証1部 証券業
【8622】東証1部 証券業
 
【5218】東証1部 ガラス・土石製品
【6579】マザーズ サービス業
 
【9475】東証1部 情報・通信
【2186】JASDAQスタンダード サービス業
 
【6424】JASDAQスタンダード 機械
【9270】マザーズ 卸売業
 
【2164】JASDAQグロース サービス業